本文へスキップ

学習を支援するサイトを通して子どもたちの成長を見守ります。

お問い合わせはメール:こちらから

レファレンスreference

奥野との関わり(初稿 2004/9/16 記)

 昭和48年(1973)7月1日筆者一家はこの地の住人となりました。東京から故郷:北九州に似た土地の匂いを求めてのこと。当時(1973/6/30)牛久町の世帯数6,412、人口 24,364 人でした。今日(2004/8/31)では 27,751世帯、76,275人ですからそれぞれ 4.3倍、3.1倍になります。首都圏近郊住宅地としての発展にほかならず新住民によるものでしょう。

 ほどなく子供達は幼稚園、奥野小、牛久二中にお世話になり、この地の人々の学校・児童に対するあたたかい思い入れを感じるようになりました。 『地域まるごと素敵な何かがある。恩返しをしたい』。この関心がリタイヤを早め小・中学校での情報教育ボランティアに駆り立てた、みなもとです。

 これから、比較的古い新住民ではありますが、ほとんど何も知らない”我が終の棲家”となった「牛久のこと、奥野のこと」調べていこうと思います。幸い牛久市には、大部な『牛久市史』が刊行されています。まさに宝の山。少々気後れしますが、拾い読みを繰り返しつつまとめ掲載してまいります。より詳しくお知りになりたい方、是非中央図書館へお運びください。

ホームページ”奥野の郷”開設(2015/6/30 記)

 昨年4月、奥野小に鈴木校長着任。本校は二度目。はじめは中根小から学年主任で着任され、翌年教務主任そして教頭で中根小に戻られ他地区に転じて校長先生。教務主任の前任者が牛久二中の櫻井校長。奥野の二校はそろって地域を熟知する校長先生を迎えて先々に期待がもてます。

 着任早々の鈴木校長から”この奥野地区大好き、力をかして!”と声をかけられました。サポーターを続けるか思案中のことで驚きました。サポートを通して良い校長先生にはお会いしましたが、地区まで大好き校長は初めてです。
この地区の昔のように、人々の力を得られれば子供たちの成長に一段の好結果をもたらすということでしょう。私の子どもたちの通っていた頃、そうでした。

 数人があつまった懇話会は昨年7月。その成果は27年度の地区住民主催の日曜カッパ塾になりました。
他校に先駆け、早々スタートの土曜カッパ塾、放課後カッパ塾の継続を引き出したのもお二人の熱意の表れです。地区と子どもたちのために一所懸命なお二人の取組みをみていると校長先生方を応援する気になりました。そこで自身のホームページ名を”奥野の郷”と名づけ再立ち上げした次第。

このページの先頭へ

関係および制作支援サイト

  【関係サイト】  牛久情報教育コミュニティ             
             奥野小学校   牛久第二中学校   牛久市内小中学校
  【支援サイト】  学校周辺の自然トップ 学校周辺の自然(コンテンツ)

編集人:IT略歴                   

 某大学商学部経営機械化コース専攻。入試システムの開発に加わりソフトウエアの開発を体験。その後管理会計ゼミに移り経営管理と企業会計を学んで昭和40年卒業。
 最初の職場(半官半民)は経理業務から。大型コンピューターFACOM230-50の導入で電算室へ移動。出版発行まで半年間を要した主力サービス『科学技術文献速報誌』の電算機システムによる編集・発行チームに配属。版下作成プログラム開発を担当(日本初の日本語による電算機編集の商用システムの実現)
 蓄積した速報誌=データベースのバッチ情報検索システム、オンライン情報検索システム(DOORS)開発(後に日本最初の科学技術情報提供サービス-JOISに発展)。漢字処理と情報検索技術の研修会講師、雑誌寄稿等。某大学経済学部および経営学部プログラミング論講師。昭和47年1月退社。
 同47年2月民間に移り、コンピューターメーカーや中央官庁の情報検索システムの開発に従事。傍ら3年間、国家資格試験『技術士(情報処理部門)』の第二次試験委員を務める。昭和49年からは情報検索技術・漢字編集技術をコアにもつ事業の拡大に専念。システム開発本部長、事業部長、取締役システム本部長とIT技術者集団(組織)の管理幅を広げる。民間初の商用データベース開発会社設立。山梨県ついで青森県にビッグデータ入力会社設立、IT業界団体の技術委員を努め、社員定年(60歳)時の平成13(2001)年5月に勇退。

ボランティア略歴                           別 紙 

 平成13年(2001年)リタイヤ後、情報教育(パソコン教育)ボランティアの準備を進め、翌14(2002)年から奥野小・牛久二中のスクールアシスタントを始める。以来、ホームページの開設とサポートにも拡大、今年:平成28年15年目に入る。牛久市教育委員会情報教育サポーター、奥野小学校二度目の学校評議員
ほぼ毎日ホームページのレビュー・発信サポート、パソコン教育の準備と授業、その他相談に応じている。この間の心に残ること。新設校のひたち野うしく小学校のホームページが2012年度のJ-KIDS大賞全国ベスト8賞を受賞したこと。そのほかの一番は児童に頂いたお手紙集と日々の元気なごあいさつ。  
 


奥野の郷 〒300-1286 茨城県牛久市このページの先頭へ

information

奥野の郷

〒300-1286
茨城県牛久市小坂町