本文へスキップ

学習を支援するサイトを通して子どもたちの成長を見守ります。

お問い合わせはメール:こちらから

  コミュニティ・スクール

第1回おくのキャンパス学校運営協議会

 第1回おくのキャンパス学校運営協議会平成29年3月22日(水曜)に行われ、教育長あいさつ、委員の委嘱、つづいて協議会の議長、副議長選出と事務局(奥野小、二中)とが決まりました。
 検討事項を順次協議し平成29年度諸活動の基本になる”
おくのキャンパスにおけるグランドデザイン””学校運営協議会の位置づけとその概要”ほかが承認されたので、概要を紹介します

おくのキャンパスグランドデザイン (平成29年度)Pdf

  次図は、説明・承認を得た資料。奥野小学校、牛久第2中学校の上位におくグランドデザインで、この概念のもと、それぞれの学校のグランドデザインは従来通りに作成されます。既に協議会に示されています。
   
(図のクリックでPDFを表示)

おくのキャンパス学校運営委員会構想図 

 次図も説明・認識を得た資料。運営協議会委員17名は事務局のもとでこの5つを分担します。29年度の重点事項は、おくのふれあいまつり、ホームスティの実施と日曜かっぱ塾の運営です。次図PDF

おくのキャンパス学校運営委員会実行疑念図 市教委キャンパス支援G作 

 次図は、放課後対策課おくのキャンパスサポートグループから2017年7月12日提供された資料。上の図を更に具体化した。図の下方に「小規模校特認校担当・英語。ESD・オープンキャンパス計画」と「児童生徒支援担当」プロジェクトをならべて5プロジェクト編成となっているが、基本的のかわってはいない。
 学校運営協議会(構成員17名)に対応して地域協働本部がある。協働本部は、これまでもキャンパスをサポートしている地域の住民の個人であったり、グループであったりする。組織化しているのではなく、運営協議会で実施したいとするプロジェクトのお手伝いを随時行う。ただ、両者の繋ぎ役として、(学校・地域)コーディネーターをおき、また、そこからの情報発信をWebで行うおくのキャンパス応援団がある。

おくのキャンパス応援団(図クリックで100%表示)

 上図のコミュニティ・スクール・学校運営協議会の企画するイベントに地域はこれまで以上に”私達の学校という意識で協力・支援することが期待されます。文科省のコミュニティ・スクール指定には、学校運営協議会に対応する地域の組織として学校運営協働本部を位置づけています。
奥野には、日曜かっぱ塾他を通じて既に協力体制は存在しますが、コミュニティ・スクール指定にあたり、あらためておくのキャンパス応援団を起しその役割(コーディネートする)を担うことにしました。応援団の構成メンバーは、土曜かっぱ塾の世話にも当たる市教委指名・委嘱の4名の学校・地域コーディネーターと学校サポーター1名の5名で暫定的にスタートしました。
 この5名のうち2名は、学校運営協議会委員も委嘱されておりますから連携は密に行えるでしょう。応援団と、実際に学校の要請にもとづきイベントを実施または支援に当たる地域民とは、ゆるやかに結ばれる関係(ネットワーク)にとどめます。束縛される琴のない活動でありたい。地域住民が
”出来ることを出来るときに、張り合いをもって加わる”関係であるように致したい。下図はそのイメージです。
 奥野小学校、牛久第2中学校そして奥野さくらふれあい保育園は
私たち奥野地域民の学校です。

おくのキャンパスCS(コミュニティ・スクールカレンダー

 奥野さくらふれあい保育園、奥野小学校、牛久第二中学校の29年度年間行事予定を集約表示したカレンダーを作成しました。奥野小の土曜および日曜カッパ塾の予定も記入してあります。 今後変更されることもありましょうから詳しくは、直近の学校ホームページまたは学校へ直接お問い合わせ下さい。カレンダーは「おくのCSカレンダー」名で。奥野小および二中のホームページ(横メニュー「学校行事」→「おくのCSカレンダー」クリック)からも表示できます。
     奥野キャンパスCSカレンダーへはこちらから

関連資料(報告)はブログ形式 「おくのキャンパスシリーズ」はこちらから

 おくのキャンパス学校運営協議会は、コミュニティの教育のコアになります。同協議会委員を委嘱されたこともあり、そのレポートをできるだけ本ホームページとブログ形式の記事で発信のお手伝いをしましょう。

奥野の郷 〒300-1286 茨城県牛久市このページの先頭へ

information

奥野の郷


このページは、市役所発行の
リーフレットから編集しています
下方の「一覧」以降は独自です

おくのキャンパス応援団