奥野小学校・牛久第二中学校の取り組みについて
平成26年度から教育委員会と両校間で取り組んできた内容
平成27年11月文科省の事業
*1に応募し全国7校指定の1校に選ばれ、国の予算がおりました
奥野小および牛久二中は「小規模特認校制度」
*2の平成29年度からの導入を予定し
28年4月から試行しています これにより、
両校の通学区域はを牛久市内全域に拡大しました
   奥野小学校 牛久第二中学校
 国際理解教育の推進
 ALT
*3 2人常勤

  英語ボランティア
午後勤務 午前勤務
クラス(ALT2人と担任) クラス2分の少人数グループ学習
帰宅前15分のイングリッシュタイム 英国体験宿泊学習(福島)
常設「イングリッシュルーム」で英会話 目標:英検上級合格者数 
オレンジ市の学校とスカイプによる交流 
ESD教育の推進  奥野の自然を学び共生を考える学習  奥野の良さ(文化)を学ぶ「歩く会」
  基礎学力  補充  放課後カッパ塾 (指導員つき自習) 放課後カッパ塾 
 強化  土曜カッパ塾(英語・国語:英検・漢検) 放課後学習会(教師指導)
 地区との交流  日曜カッパ塾(住民とのふれ合い) 
 職員合同研修  9年間の学びの連続性を重視した指導 (学力、個性、環境学習等)
          二中に常設:「奥野小6学年の部屋」
サマーフェスティバル  保育園・小学校合同平成26年度、27年度開催
奥野地区体育祭   小学校・中学校ともに27年度全員参加
 *1 :「少子化に対応した活力ある学校教育推進事業の研究委託事業」 
 *2 :従来の通学区域は残したままで、特定の学校について、通学区域に関係なく当該市町村のどこからでも就 学を認める制度
     全校的に取り入れられている 

 *3 :英語指導講師
参考資料:これまでに発信されている資料  イメージ図をクリックすると元資料を別ウインドウにて表示します 
  奥野地区における取り組みについて(お知らせ)
教育総務課 2016.1.29 A4一枚
  
 同上「リーフレット」
 教育総務課発行
 2016.1.29 A4一枚
 
 「奥野地区学校の取り組み」
 奥野小ボランティア
発信

資料内容概説は奥野の郷ブログ
こちらから数記事 
 「牛久二中だより」27年7月②号
牛久二中校長発行

二中の「学び合い」が目指すもの
 奥野学園構想を検討中
奥野小「校長室から」27年40号奥野小校長発信

今、始まりの時。奥野の杜からおおきなうねりをミライに世界に

「奥野っ子ステージ」取材記者記事はこちら 
奥野小
「学校だより」27年10号
奥野小教頭発行

9年間の「学び」の連続性