本文へスキップ

学習を支援するサイトを通して子どもたちの成長を見守ります。

お問い合わせはメール:こちらから

  地域とともに,コミュニティスクール おくのキャンパス

おくのキャンパスでは、恵まれた「自然環境」と「地域人材」を生かして
子どものグローバルな人間形成を目指します!

1。充実した英語教育

 英語をコミュニケーション手段の一つとして  
○英会話を学ぶ「イングリッシュタイム」週3回
 全学年ネイティブ英語を学んでいます。小学校では、「全校イングリッシュタイム」を年2回開催。 
○昼休みは英語だけの教室「イングリッシュ ルーム」で遊べます
  英語のアニメや英会話レッスンの DVD 視聴。 スペルで単語を作りアルファベット練習。
 タブレットで、キンダーイングリッシュを利用できます。
○オーストラリア オレンジ市 Orange Anglican Grammar School と交流
 スカイプを使って英語でリアルタイム交流。 平成 29 年 10 月にはオーストラリアから 15 人 の生徒 が来日し奥野にホームステイします。
○発達段階を考えた、英語学習
 中学英語は、15 名程度の少人数に分け、それ ぞれALTと日本人英語教師が教えます。
 中2で、今までの英語を生かしブリティッシュヒルズで英会話を中心に英国生活体験をしています。

2。奥野から世界へ  ユネスコスクール

9年間続く奥野学習・地域づくりを通して自然との共生学習。奥野を愛する子どもを育てます
○奥野学習で、NPOや大学の先生に よる専門性の高い授業を開催 
○中学3年間で奥野全域を歩く「歩く会」を実施
 9年間続く奥野学習を通して、自然豊かな奥野・長い歴史のある奥野につい て学びます。
 地域に出て学習し、たく さんの地域の方と触れ合います。
○平成 28 年度からユネスコスクールに登録
 世界の友達との情報交換や意見交換をなどして、楽しく学習する予定です。

3。保育園から小中一貫

奥野小と牛久二中は、保育園と連携しながら保小中一貫教育を目指しています
○小中学校の先生たちの合同研修
 小中学生一人一人の学習・生活両面を 見守っています。
○中学校に常時6年生の教室があり、1日中学校生活を体験
 中学校の先生による50分授業や中学生と一緒に、部活や清掃活動等を体験 することにより、中1ギ ャップはあり ません。
○保育園、小学校、中学校の校種を越えた異年齢交流学習
 異年齢交流学習を通して、社会性や協調性が育っています。

  地域の人の協力で、充実した無料カッパ塾(希望者全員が入れます)
4。充実したカッパ塾 
小学校は放課後・土曜・日曜も

【放課後カッパ塾】(4 年〜 6 年対象)
 5 時 30 分迄。授業や宿題等でわからなかった学習をわかる迄先生に教えて もらうことができます。
土曜奥野カッパ塾】(全学年対象)      28年度行事一覧へ
 英語・漢字検定の合格を目指した学習をしています。
日曜奥野カッパ塾】(全学年対象)      28年度行事一覧へ
 月1回の体験教室とドッジボール・ドッ ジビー教室開催。
 「折り紙教室」「料理 教室」「音楽教室」「スポーツ教室」「茶道教室」等、全て地域の人が講師。

5。充実したカッパ塾 中学校は部活終了後夜7時まで

【放課後カッパ塾】(全学年対象)
 学力向上を目指し週 3 回。部活終了後か ら実施。
 部活を引退した3年生は、授業 後からスタート。希望があれば軽食(有料)を食べ夜7時迄実施(奥 野生涯学習 センター)
 木曜日は、英語学習に力を入れています。

6。奥野小・牛久二中は2つの文部科学省の指定を受けています!

1.コミュニティスクール導入等促進事業研究校
2. 少子化・人口減少に対応した活力ある学校教育推進事業委託

7。オープンキャンパスを開きました!次は28年度の開放実績です

11月18日(金曜)奥野小体育館(12:10〜16:10)においての奥野ふれあいまつりでした
11月21〜25日の月曜〜金曜は、奥野小・牛久二中は見学に開放しました
12月3・4日は、奥野小の土曜カッパ塾と日曜カッパ塾でした

公開されている資料 牛久市役所当該URLページへ

奥野小・二中の取り組み一覧 2016.10.25現在印刷板

  記事による概説はこちら 奥野小学校 牛久第二中学校
@ 国際理解教育の推進
 ALT
*1 2人常勤
 英語教諭 3人常勤
   (茨城県加配)
午後勤務 午前勤務
クラス(ALT2人、英語講師と担任) クラス2分の少人数グループ学習
火曜・水曜・金曜
帰宅前
15分のイングリッシュタイム
英国体験宿泊学習
 (福島:ブリティッシュヒルズ)
常設「イングリッシュルーム」で英語漬け 目標:英検上級合格者数
オレンジ市の学校とスカイプによる交流 
A ESD教育の推進  奥野の自然を学び共生を考える学習 奥野の良さ(文化)を学ぶ「歩く会」
B  基礎学力 補充 放課後カッパ塾(水、金曜:講師指導)
4〜6学年希望者
 
放課後学習(教師指導) 
放課後カッパ塾(月,火,木曜) 
強化 土曜カッパ塾(英語・国語:英検・漢検)
1〜6学年希望者
放課後カッパ塾延長(木曜英語追加) 
放課後学習会(教師指導:水,金曜)
C 職員合同研修  9年間の学びの連続性を重視した指導 (学力、個性、環境学習等)
 二中に常設:「奥野小6学年の部屋」
D サマーフェスティバル  保育園・小学校合同平成26年度、27年度開催
E 地区との交流・連携  日曜カッパ塾(地区住民とのふれ合い):奥野地域固有の地域主催イベント
F 奥野地区体育祭   小学校・中学校ともに27年度全員参加
*1: 英語指導講師  ALT二人は28年度から奥野小敷地内の「奥野さくらふれあい保育園」年長の指導も兼ねる
  記事による概説はこちら 奥野小学校 牛久第二中学校
 平成28年10月「奥野学園構想」は「おくのキャンパス」と命名
おくのふれあい保育園、奥野小学校、牛久第二中学校の1園校を言う
左記は、その「おくのキャンパス」の特色ある取組み一覧
おくのキャンパス
 奥野学園(仮称)として検討していましたが、28年10月初め、正式に「おくのキャンパス」と命名されました。奥野小学校、牛久第二中学校および奥野さくらふれあい保育園のほぼ地区を同じくする教育機関を指します。今後、小中一貫教育をはじめ統一した活動を展開する予定です。
こちらをクリックすると新しいウインドウで三つ折り裏表のリーフレットを表示
   3月11日午前、牛久市議会予算特別委員会の議員の方々と教育委員会幹部とが、奥野小学校および牛久第二中学校を視察した。奥野小の豊田教頭が事務局となり26年度以来の取り組みを資料化、当日、鈴木校長が説明した資料。PDF16ページ
  こちらをクリックすると新しいウインドウで表示
この視察行のブログはこちらから
   2016年3月31日、奥野小鈴木校長は定年にて退任された。2015年着任しての2年間、奥野地区の変化に驚き、再生から発展への取り組みを、二中櫻井校長と歩まれた足跡を資料化。後任に引き継がれるだろう。
学校を頻繁に訪問また学校評議員としての立場からまとめてみた。
  こちらをクリックすると新しいウインドウで表示


奥野の郷 〒300-1286 茨城県牛久市このページの先頭へ

information

奥野の郷


このページは、市役所発行の
リーフレットから編集しています
下方の「一覧」以降は独自です