本文へスキップ

学習を支援するサイトを通して子どもたちの成長を見守ります。

お問い合わせはメール:こちらから

ここからはじまる 小規模特認校制度:29年度導入

 牛久市は、かつては稲敷郡牛久町。横向きの瓢箪をイメージしくびれた中央部の東西(左右)二つの地域からなる。この東部は旧奥野村。昭和の合併では西部の旧牛久村、旧岡田村の合併に遅れて加わった。牛久市史によるとどちらに加わるか投票によったとある。明治22年からの人口統計では、水戸街道、牛久駅のある西部地域より奥野村の方が人口は多かった。生産活動の主力が米作りであったのが要因だろう。この牛久が昭和41年首都圏近郊整備地帯の指定を受けて、いわゆる宅地開発ラッシュになったとき、時の町長は奥野地域には、牛久・岡田地域とは異なり一カ所の開発にとどめた。牛久駅から遠く離れている故もあろうが緑の田園風景を残す意図があったのではないか。

 現在、奥野地域は、源義家に随従し奥州討伐に向った鎌倉源五郎影正の伝説も残る集落他歴史のある9つの集落と、戦後開拓地1、阿見町からの編入地1、唯一の宅地開発:小坂団地の合計12行政区。公共施設は、奥野小学校、牛久第二中学校、奥野さくらふれあい保育園(奥野小の空き教室を整備活用した旧正直保育園)、奥野生涯学習センターに奥野運動広場、向原保育園があり活用されている。
 これらの公共施設に集う園児・小学生・中学生、青年に大人。つまり奥野地区住民全員参加で、少子化に向っている日本の新しい地域の住まいのあり方を生み出せないか、それも住民主導、市役所協同のコラボレーションでということが実現すれば国のモデル地区になるだろうと勝手に想像している。

 まずは、保育園・小学校・中学校を中心に地域が連携して特色ある教育環境の実現をみたい。その模索は平成26年度のはじまる仮称「奥野学園」。そして平成28年秋、名称を「おくのキャンパス」となり誕生した。この地域連携型保小中一貫教育のこの地域。教育の特色づくりを進めている。あわせて28年度試行、29年度導入の決まった小規模特認校制度によって牛久・岡田地区からの児童・生徒も。希望すれば通学可能になった。さて、ここから何か生み出されるか?これからのお楽しみ。

註:小規模特認校制度
 平成28年度から試行してきた「小規模特認校制度」は、28年10月に29年度から正式に導入することを決定した。この制度により、従来の通学区域は存続しつつ牛久市内に居住し就学を希望する子どもの就学も可能になった。

奥野小・二中の校区の拡大:小規模特認校制度(平成29年度) 

 奥野小学校、牛久第二中学校を核に近接する奥野さくらふれあい保育園、奥野生涯学習センター、奥野運動広場を奥野小地区社会福祉協議会他、地区住民の力を結集し牛久市に新たな魅力を創出します。  

牛久市旧村域等世帯&人口資料 

   牛久市全体と旧牛久村、岡田村、奥野村別の世帯数・人口数を表にまとめています
 奥野地区については、12行政区毎になっています。タイトルをクリックすると表示します。
 牛久市旧村域別人口動態  明治22年以降資料に基づく PDF 113KB
 牛久市3地域別世帯数・人口動態  昭和45年以降 PDF 61KB
 奥野行政区別世帯数・人口動態  同上 PDF 70KB
 奥野行政区別世帯数・人口動態分析  同上 PDF 65KB
 牛久市:旧3地域および日本の人口 ブログ掲載:20160421 PDF 80KB
 牛久市:旧3地域の人口:ダイジェスト ブログ掲載:20160421  PDF 88KB
 牛久市人口ビジョン 
 牛久市まち・ひと・しごとと創生総合戦略
 広報うしく  2016年4月1日号
   


奥野の郷 〒300-1286 茨城県牛久市このページの先頭へ

information

奥野の郷