本文へスキップ

学習を支援するサイトを通して子どもたちの成長を見守ります。

お問い合わせはメール:こちらから

奥野地区2Okuno local information

奥野地域(旧奥野村)の歴史

牛久市の沿革 明治維新〜現代 表:A4版1ページ

 奥野地域(旧奥野村)は江戸時代は関宿藩領で小坂村・正直村・久野村・大和田村・奥原村・井ノ岡村・島田村・桂村の8つの村からなり、久野村にいわゆる代官所がおかれていました。明治4年の廃藩置県では一時、土浦県になったりする牛久村や岡田村とはことなる差配でした。

 奥野地域は小野川、乙戸川、桂川流域に水田、台地には畑や果樹園等に恵まれ、奥原には牧場もあるのどかで自然のたっぷり残る土地です。この地の親も教育熱心であったようで、寺子屋の延長か明治6年、井ノ岡に山岡塾、7年には奥原に栗山塾が開かれています。
現在は小・中学校それぞれ一校のみ。子どもたちは9年間をともにします。

 平成14年の奥野小のホームページの作成にあたり奥野地区の歴史を調べアップしました。
   
      上の表をクリックすると歴史のページに移ります
       こちらをクリック
するとヘッダー部のないスタイルで歴史を表示します。
       平成26年5月発行の印刷物こちら(A4サイズ11ページ:PDF 500KB)

牛久市立奥野小学校

 平成26年秋に50周年記念式典を挙行。8月に”バースディパーティを催し、同じ敷地にあるさくら保育園児も参加しての楽しい催しになりました。 
奥野小学校の歴史を遡れば明治6年の山岡家塾、7年の栗山家塾に至ります。土地の人々の教育への取り組みは真剣なものであったことを伺わうことができます。
昭和の大合併により30年2月奥野村は、牛久町に加わり牛久町立奥野第一・第二小学校となり、10年後の昭和40年、奥野第一小学校、奥野第二小学校と奥原分教場を統合、現在地に新校舎建築に着手。牛久町立奥野小学校となり昭和61年の市制施行にて牛久市立奥野小学校となりました。
   奥野小学校の沿革明治6年〜現代 A4版1 ページWeb 
学校名『奥野』の由来? 
校区に小坂、久野、正直、桂、報徳、島田、井ノ岡、奥原等々の行政区名があり、これらは古くから続いている伝統ある地名です。   ご参照『
牛久市域の変遷(江戸時代末期〜現代)
 記録によると本校は、廃藩置県(明治4年)から二年後の明治6年4月、井ノ岡村立井ノ岡小学校の誕生というのが始まりで、明治13年7月分離して久野小学校となり、明治22年7月「奥野尋常小学校」になりました。校名の『奥野』は、人口の多かった村の「
奥原」と「久野」から合成ものでしょう。これ以降、下記の合併を経ても今日に至っています。
 ちなみにその後の校名の変遷は、明治29年3月高等科を併置し奥野尋常高等小学校。大正元年12月元号改定とともに同名を。太平洋戦争勃発の昭和16年3月31日には奥野第一・第二尋常高等小学校となっており、翌日4月1日『尋常高等』から『国民』に改称、奥野第一・第二国民学校となっています。
 昭和30年2月奥野村は牛久町
(注)に加わり、牛久町立奥野第一・第二小学校となりました。昭和40年4月奥野第一・第二小学校と奥野第一分校は統合され牛久町立奥野小学校になっています。
   (注)昭和の合併により29年元旦、牛久村は町制を施行。同年4月1日岡田村と合併し新牛久町誕生。
       昭和30年2月10日牛久町は奥野村を編入合併し新牛久町となる。(牛久市史「近現代U」)
 昔の奥野小の規模   奥原に下表のとおり奥野第一小学校奥原分校がありました
           
生徒数では牛久地区811,岡田地区822,奥野地区553名 現在と比較してなぜ変化しているか考えると面白い学習になります

牛久市立牛久第二中学校

 牛久町に加わる以前の奥野村には、唯一の奥野中学校がありました。昭和30年からは牛久町立で牛久第二中学校に名称変更し現在は市立です。
 同様に村の時代、牛久村には牛久中学校、岡田村には岡田中学校がありましたが、合併により両中学校も一緒になり牛久第一中学校になっています。(岡田中学校の跡地は現在東洋大学付属高等学校。)牛久第一中学校は地区の人口増に伴い昭和54年分離して牛久第三中学校、さらに昭和57年下根中学校、60年に牛久南中学校が出来ました。牛久・岡田地区には牛久町の教育予算も大変な時期でした。

奥野の郷 〒300-1286 茨城県牛久市このページの先頭へ

information

奥野の郷

〒300-1286
茨城県牛久市小坂町