本文へスキップ

学習を支援するサイトを通して子どもたちの成長を見守ります。

お問い合わせはメール:こちらから

奥野地区 1Okuno local information 奥野の歴史はこちらから

奥野地域の位置   (昭和30年3月迄は奥野村)

 茨城県の県南、牛久市は昭和41年(牛久町)首都圏近郊整備地帯の指定を受け人口増となりました。
 この牛久市、中央部分は細く東西に展開する面積59平方キロの丘陵地。
  Google Map URL https://www.google.co.jp/maps/@35.9801011,140.1936721,13z
    
            上図拡大版 同PDF版(160KB)
       外部リンク⇒うしくガイドマップ 牛久市公共施設マップ

 西側に牛久沼、小川芋銭の雲魚亭、牛久城址、JR牛久駅、牛久シャトー、JRひたち野うしく駅、岡見城址、東側はのどかな田園風景の拡がる中に世界一の牛久大仏がある。
 奥野の郷とは上図の囲み地:旧奥野村(以降奥野地域と呼ぶ)をこのホームページ名にしたもの。

 水戸街道の宿場町:牛久村に鉄道が開通したのは明治29年(1896年)。昭和60年の科学万博の際の臨時駅をひたち野うしく駅として開業以来、住宅地として再び急発展している岡田村

 牛久市は、昭和の大合併で昭和29年1月牛久村がに、4月岡田村が加わり牛久町。翌年2月奥野村も加わり、以来、昭和61年の市制施行まで茨城県稲敷郡牛久町でした。
国道6号、JR常磐線の通る牛久地域が市の中心部。市役所、中央生涯学習センター・中央図書館等がある。
以降この旧奥野村、岡田村、牛久村を○○地域と呼びます。(参照:牛久市の概要(PDF 19page)

 東西の中央(東側):小坂台におよそ千戸ばかりの宅地が開発され、そこが我が住まいの地。周辺は区画調整区域。奥野地域唯一の宅地開発で、そのぶん牛久地域や岡田地域ほど多くの開発は行われず必然的に大幅な人口増はありません。
この地に平成19年(2007年)3月圏央道牛久・阿見ICが開通。団地からIC迄わずか5〜6分。成田空港へ40分、東京都心へ60分。この環境が維持されればこの土地の自然と風土は守られ、人々の生活は田舎の味わいと、都心へもアクセスも良い地として快適に続くでしょう。

 参考までに牛久市市域の人口動向を3地域に集約し、明治22年から今日まで毎年追加更新している次表では、明治22年からの伸びは牛久地区14.75倍岡田地区24.31倍奥野地区2.06、牛久市は12.66倍となっている。参考までに日本の総人口と牛久市の比較は次の通り。
   
 市に占める3地域の割合を見ると、明治43年までは奥野地区、昭和50年まで岡田地区、昭和55年からは牛久地区、平成12年からは再び岡田地区となり今や57.5%を占めています。

 奥野地区の牛久市に占める割合は今や6.0%。しかし明治末までは3村均衡していたもののトップであったことから、この地域の魅力を見つけてみたくなりました。手始めに10数年来ご縁のある小学校や中学校のキャッチから情報をデータを発信してみましょう。
 まずはデータ:次表は、明治22(1889)年から記録した「牛久市域の人口動態」の抜粋版

   上表の詳細版:A4サイズ2pagePDF「明治22年〜現代の年度末人口」

奥野の郷 〒300-1286 茨城県牛久市このページの先頭へ

information

奥野の郷

〒300-1286
茨城県牛久市小坂町